何処行って何やろう・・・

バイク、旅行、ダイビング等自由気まま(好き勝手に?)にやってます

せせらぎ街道ツーリング

良く晴れた祝日の11月3日に久しぶりのツーリング。

紅葉シーズンになるとツーリングコースとして人気なせせらぎ街道を走行。

何年も前から紅葉ツーリング候補としていたものの、2週間ほどの紅葉シーズン中に天気が悪かったり別の用事があったり、週末しか走ることが出来ないのでタイミングが悪くて走りに行くことが出来なかったけど今年やっと走ることが出来た。




7:00前には出発、長良川沿いを快走。
FC2 20171103 02 
FC2 20171103 01

岐阜県に突入、R21から東海北陸道を目指しつつ、燃料搭載量の少ない自分のバイクは途中のGSでガスチャージ。

近場のツーリングでは高速道路を利用することは少ないけど、時間が足りなくなるので今回は各務原ICから郡上八幡ICまでは高速道路の走行。

11月にしては気温が高いからか最初は寒さを感じなかったが、走行が進むにつれて標高が高くなるとやや寒さを感じるように。

郡上八幡ICを降りてからR472を北上してせせらぎ街道入り。




途中、道の駅明宝に立ち寄る。
FC2 20171103 03

まだ9時前なのに意外とバイクが多い。

帰りにもう一度立ち寄って買い物するとして、ここはトイレ利用のみで直ぐに出発。




この付近の紅葉はまだ先の様だ。
FC2 20171103 04 
FC2 20171103 05 

FC2 20171103 06




やや紅葉が進んだ見晴らしの良い広場があったのでここで休憩。
FC2 20171103 07




秋晴れの日差しの下、樹木の葉の色が移り行く様を楽しみつつ走り続け、見どころである西ウレ峠付近の駐車場へ。
FC2 20171103 08 
FC2 20171103 09 
FC2 20171103 10 




せせらぎ街道は紅葉シーズンの3連休なので渋滞が予想されるものの、この時間帯なら渋滞せずに快走を続けることが出来そうな感じ。

ここは紅葉散策が出来るような観光場所が少ない代わりに高山まで数十kmに渡って紅葉した山々を眺められるので、紅葉ドライブとして車窓から眺めるほうが向いている。

バイクも同様だけど、わき見運転になりがちなので注意が必要。
FC2 20171103 11




途中、五平餅を販売している店の前を通過。

とても気になるのと、ちょうど腹が減ってきたのでUターンして店の前にバイクを停める。
FC2 20171103 12


店内は満席だったので1本購入して店の前のベンチに座って五平餅を頂く。
FC2 20171103 13 

胡麻の風味が強く香ばしい甘目のタレが美味で、今まで食べた五平餅で一番おいしいかも。
FC2 20171103 14

帰りに店の前を通過するとぱっと見で20人以上並んでいるほどの混雑ぶり。

期間限定の人気店らしく、自分は早い時間の来店だから待たずに購入できて良かった。




せせらぎ街道の走行は終盤、高山までは行かずにその手前で来た道を戻るとする。

幾つか往路で気になった場所があったので、復路ではそこに立ち寄りながら撮影。

綺麗に色づいた木の前が駐車場だったのでバイクを停める。
FC2 20171103 15 
FC2 20171103 16 
FC2 20171103 17 
FC2 20171103 18 
FC2 20171103 20 
FC2 20171103 19 
FC2 20171103 21




せせらぎ渓谷。
FC2 20171103 22 
FC2 20171103 23



走行に専念していても色づきが良い木を見つけたら撮影。
FC2 20171103 24 
FC2 20171103 25 
FC2 20171103 26

 


国道沿いばかりに気を取られががちだが、脇道に入った川沿いでは奇麗に色づいた山を見ることが出来る。
FC2 20171103 27 
FC2 20171103 28




帰りに道の駅パスカル清見へ寄るつもりでいたけど、かなりの混雑ぶりから諦めてもう一度道の駅 明宝に立ち寄り。
FC2 20171103 29

ここも駐車不可な車が道路にまで渋滞する程混雑していたけど、バイクなら駐車スペースはある。

店内に入り、有名な明宝ハムとソーセージを購入。
FC2 20171103 30

買ったはいいけど、どうやって食べようかな?。

外では焼き栗の移動販売が目に入り、気になったのでこれも購入。
FC2 20171103 31 FC2 20171103 32




出発してから気づいたのが名物である明宝フランクを食べ忘れ。

次回来た時に食べるとしよう。




帰りは逆ルートで郡上八幡ICから各務原ICを高速道路の走行。

最後の立ち寄り場所は岐阜市内にある栗粉餅で有名なベンテンドー。
FC2 20171103 33

目的である栗粉餅を購入。




16:00近くに無事故無違反で無事帰宅。

警戒していた速度取り締まりは白バイを1台見かけただけで、運よくサイン会に出席せずに済んで良かった。

道中、ソロとマスツーリングのバイクを多く見かけるが、ヤエー遭遇率が高かったかも。

購入した焼栗と明宝ソーセージとビール、栗子餅で本日のツーリングの〆とする。
FC2 20171103 34 FC2 20171103 35 
FC2 20171103 36 FC2 20171103 37




初めて走行したせせらぎ街道は多くのツーリングブログで拝見した通りの素晴らしいツーリングコースだった。

紅葉の時期がベストシーズンかもしれないけど、新緑の季節でも綺麗な景色が期待できそう。

富山石川方面へのツーリングはこの快走路を利用すれば色々と楽しめそうなので、能登半島ツーリングのルートとして検討してみようかな。
スポンサーサイト

2017年 ニコンファンミーティングキャラバンに行こう

東京と大阪で開催されたニコンのファンミーティング。

事前予約不要でだれでも気軽に参加できるイベントが規模を縮小し、ファンミーティングキャラバンとして名古屋で開催されることになったので都合の良かった11月4日に参加。

この日は午前中に別の用事を済ませてから会場へ移動。

14:00開場予定だけど早めに到着しておこうと13:15に到着するが、既に100名近く並んでいてびっくり。

列の最後尾に並んで待つとするが、後から続々とニコンファンがやってきて、開場前には200名以上が並んでいたのではなかろうか?。

並んでいる間に配られたペーパーバッグ(D850のカタログ入り)と水を受け取る。
FC2 20171104 02 FC2 20171104 01




13:50 予定より10分早めの開場。
FC2 20171104 03
FC2 20171104 05
FC2 20171104 04




ニコンファンなら多くの人が知っているであろう後藤哲郎氏の宇宙事業のプレゼンを聞くことに。
FC2 20171104 06

宇宙の船内船外活動で使用されるカメラの開発や苦労話に裏話は聞く価値ありで、最後まで興味深く聞くことが出来た。

今年はNASAからスペースカメラとしてD5を数十台規模で受注してもうすぐ納めるそうだ。

相当完成度が高いのだろうか?。基本的には市販品と変わらないというところが驚き。
FC2 20171104 10

この先ニコンのカメラが宇宙で活躍し、今回のファンミーのようなイベントでその映像を拝見できる日が来たらいいなと思う。
FC2 20171104 11




次はD850開発担当者のプレゼン。

これはプロフィールフォトコーナーの列に並びながら聞くこととする。

D850はすごいスペックのカメラなんだけど人気が高く暫く納品待ちの状況らしいが、自分は今年D750を購入したばかりなので購入するとしてもまだ先かな?。

入手した人がうらやましかったりして・・・^^。

D850開発の際に参考としたマーケティングリサーチといったカタログには記載されていないような貴重な話をD850開発者自ら話を聞けたのが良かった。




プロフィールフォトの撮影の番が来たので撮影してもらう。

撮影したデータは持参したSDカードに記録してもらい持ち帰ることが可能。

そして撮影したプロフィールフォト。
FC2 20171104 13

家で確認してみたらやっぱりプロが撮影しただけあってとても奇麗に撮影できている。

拡大しても周辺部までしっかり描写されていて、髭の剃り跡まで見えそうなのであえて掲載写真は小さめに・・・^^:。




他にはニコンのレンズを使って試し撮りできるの体験コーナー、製品説明会、歴代モデルの展示、モデル撮影会と結構充実したイベント内容。
FC2 20171104 12 
FC2 20171104 07 
FC2 20171104 08 
FC2 20171104 09

それからファンミーティングショップで買物とカメラ雑誌編集者の座談会を聞き、暫く開場をぶらついてから帰宅。



サーモボトルは寒い中での撮影で暖かい飲み物を保温するのに最適と思って購入。
FC2 20171104 14



ニコンユーザーなら結構楽しめたであろうこのイベント。

もし近場で開催されたらまた参加しようと思う。
[ 2017/11/07 21:44 ] カメラ | TB(0) | CM(0)

2017年 Jリーグ セレッソ大阪vsヴァンフォーレ甲府 サッカー観戦と大阪市内で飲み

台風が近づき衆院選選挙間近のこの日、友人達と大阪へ現地集合現地解散でJリーグを観戦することに。

友人達とは1年前の飲み会以来の再会で、その前は北海道旅行で一緒だった。

自分は四日市からバスで、友人たちは山梨と静岡からそれぞれ新幹線で大阪へ移動。

どうやら既に新幹線の中でプチ宴会中。
FC2 20171021 01 FC2 20171021 02 FC2 20171021 03

自分は飲めずにレッドブルで我慢しているというのに、こいつらは~・・・と、怒ってもしょうがない。




バスは高速道路を出て大阪市内に入ると台風と選挙の影響からか渋滞が激しく予定より20分遅れで到着。

早速LINEで連絡すると観戦前に腹ごしらえということで指定された場所に向かう。

難波の駅から徒歩で5分ほどで到着、DININGあじと。
FC2 20171021 04 

既に友人たちは到着、11:30開店なのに1時間以上前の10:30から並んでいる。

聞くとここはかなりの人気店だから早めに並ばないと人気メニューにありつけられないそうだ。
FC2 20171021 05

久しぶりの再会に雑談をしながら待つこと1時間、ようやく店内へ移動。

数量限定人気メニューの炭焼き炙りハラミ肉重を注文。
FC2 20171021 06 
FC2 20171021 07

レアで焼かれたハラミに微塵切りの玉ねぎのソースにレタスを散らしてある、見た目は重というよりも丼といった感じ。

ハラミはやわらかくかかっているオニオンソースはニンニクが効いていてベストマッチ。

玉ねぎの輪切りも甘くて美味~。

もちろん完食、ごちそうさまでした。

試合開始まで時間があるが雨だからで歩くこともせず、コメダ珈琲で時間をつぶす。
FC2 20171021 08




時間になり地下鉄御堂筋線でスタジアム最寄りの長居駅まで移動。
FC2 20171021 09

地上に出てからスタジアムへは徒歩で。
FC2 20171021 11

チケットを受け取りスタジアム内の自由席、アウェイのヴァンフォーレ甲府応援席の近くを観戦場所とする。
FC2 20171021 10 
FC2 20171021 12

あいにくの雨だけど、まだ豪雨でないだけましか。
FC2 20171021 14 
FC2 20171021 13 
FC2 20171021 15




試合は開始直ぐにセレッソ大阪に1点先制される。

前半の途中まではヴァンフォーレ甲府が押され気味で流れはセレッソ大阪ゲームだったけど、途中からヴァンフォーレ甲府が攻めに転じる場面も多くなったが、1点ビハインドのまま前半は終了。

ヴァンフォーレ甲府はドゥドゥの動きは良かったのが傍目でも明らかで期待して見ていた。

後半はPKを与えてしまい、残念な2点目をセレッソ大阪に献上。

セレッソ大阪の選手のほうがボールのつながりが良かったのでチャンスをうまくいかせたのだろう。

それでもボールポゼッションはほぼ五分五分。

J1上位チームのセレッソ大阪相手にヴァンフォーレ甲府は良く健闘していたが、むなしくそのまま試合は2-0のまま終了。
FC2 20171021 16

これでJ1は残り4試合。

出来るだけ負け試合をなくし、残留争いに勝って何とか来シーズンもJ1でプレーする姿を見る事が出来ます様にと願いつつ、試合会場をあとにする。
FC2 20171021 17




こんな天気だからか観光する気にもならず、真っすぐホテルに移動、チェックイン。

そのあとは宴会、梅田の居酒屋、吉在門に向かう。
FC2 20171021 18 
FC2 20171021 19 
FC2 20171021 20

ヴァンフォーレ甲府が勝っていれば祝勝会だったけど、負けてしまったので残念会になってしまったが、皆で好きなビールや焼酎を飲める事は素直に嬉しかったりして。

酒だけでなくこの店で出てきた料理はどれも美味しかった。
FC2 20171021 21 
FC2 20171021 22 
FC2 20171021 23 
FC2 20171021 24 
FC2 20171021 25

そして毎度のことだけど飲みながら馬鹿話をして過ごすこの時間はとても楽しい。

定期的に開催している飲み会に自分は1年に1回ほどしか参加できないけど、それだけに近況報告をしたり聞いたり出来るこの時間は貴重だったりする。

楽しかった宴会も終わって2次会に行くつもりが、自分は最初から酒量が多くなったためかそのままホテルに戻って就寝。




翌日は台風接近で大雨降りだから大して観光もせず、梅田界隈でお土産を購入して自分は早めのバスで帰宅。

バス発着場所の近くにある有名なジャンボ宝くじ売り場もこんな天気だからか購入客は少ない。
FC2 20171021 26

折角だからと連番とバラを10枚づつ購入、当たりますように^^。




帰宅後、お土産として購入した一心堂のフルーツ大福を食べる。
FC2 20171021 27 
FC2 20171021 28 
FC2 20171021 29


次回は皆で遠くに旅行に行きたいが、それがいつになるだろうか・・・。

マキノメタセコイア並木とエンゼルラインツーリング

天気の良かった週末に2か月ぶりのツーリング。

行先は三重県からは交通量と信号が少なく意外とお気軽お手軽に走行していくことのできる福井方面へ。

その福井県でツーリングコースとして広く認知され人気のあるレインボーライン。

その陰でひっそりと目立たず地味に人気のあるエンゼルライン。

3年前にレインボーラインは走行したけどエンゼルラインは今回が初めて。

最初はレインボーラインとエンゼルラインを混同していたが、2か所あると知ってからはいつか走ってみようと思っていたけど今回のツーリングコースに組み込む。




7:40に自宅を出発。

FC2 20170930 01

琵琶湖長浜方面へ走行し、途中で関ヶ原を通過するが最近映画が公開されたりしてちょっと注目されてみたいだ。

思えば何度もここを通過してはいるけど立ち寄ったことは無いから次回のツーリングでは訪れてみようか。

長浜を通過し約90km走行したのでガスチャージ、そのまま休憩無しで走行。




10:00前に到着、メタセコイア並木道。
FC2 20170930 02

ここも3年ぶりかな?。
FC2 20170930 03 

この時間では観光客も少なく物静かで写真を撮りやすい。
FC2 20170930 04 
FC2 20170930 05




そのまま小浜方面に向かってR161、K534、R303を走行して次の目的地を目指す。

30分ほどで到着したのがSaba*Cafe。
FC2 20170930 12

11:00のオープン前、10分ほど早めに到着してしまった。

なので一旦 道の駅若狭熊川宿の駐車場で待機。

11:00になったので駐車場に移動して店に入る。
FC2 20170930 07 
FC2 20170930 08


ここでは有名な鯖サンドのドリンクセット(ホットコーヒー)を注文。
FC2 20170930 11 
FC2 20170930 10

レモンを絞って食べるそうだけどこの酸味と風味が鯖のサンドとよく合う。

焼き魚にレモンが添えられてあったりするし、これがさっぱりするから合わないはずがない。

バゲットも柔らかめで食べやすい。

FC2 20170930 06




店を出発したらそのままR303を小浜方面へ。

FC2 20170930 13

小浜市内からR162、K107港町沿いからエンゼルラインの走行に切り替え。
FC2 20170930 14




道路は枯れ枝や小石が所々に散乱していたりバンプもあって快適に走行とまではいかないが、スピードを出さずに普通に走行する分にば問題なし。
FC2 20170930 15

エンゼルラインの走行距離は短く10km未満くらいか?。
FC2 20170930 16 
FC2 20170930 17
走行を楽しむには物足りないかも。

FC2 20170930 18




なのであっさりと頂上にある駐車場、展望所に到着。
FC2 20170930 19

ここには何もないけど眺めは良い。
FC2 20170930 20 
FC2 20170930 21 
FC2 20170930 22 
FC2 20170930 23

一通り景色を眺めて休憩し、あまり散策路などもないことから長居をせずに出発。
FC2 20170930 25

下りの景色
FC2 20170930 24 
FC2 20170930 26



FC2 20170930 28 
FC2 20170930 29

復路、R162は敦賀方面へ。

途中の日本海さかな街に寄りたかったけど、混雑していたのとちょっと遅くなりそうだったので素通り。

もう1箇所立ち寄る予定だった場所も混雑していたので次回のツーリング用として素通り。

R8で長浜を通り抜けたら往路と同じルートを走行して帰宅。

この日は交通事故を4件、速度取り締まり(ねずみ取り)を3件目撃。

一度のツーリングでこれだけ遭遇した事は無く、過去最多。

それでも自分は無事故無違反で無事ツーリングを終えることが出来て良かったと思う。

次のツーリングは寒くなる前にまた日本海方面へ、寒くなってきたら静岡方面へ行きたい。

2017年9月 カナダのイエローナイフでオーロラ鑑賞  最終日 イエローナイフから三重へ移動

オーロラ鑑賞で冷えた体を温めるためにバスタブにお湯を張って体を浸かる。

湯冷めせぬよう十分温まり、帰国準備の為再度荷物をまとめて忘れ物が無いように確認。

寝ることもままならず、4:00に迎えのバスに乗り込み空港へ移動。

空港に到着したら荷物を預けてチェックイン、持ち込み品を検査してロビーでフライトまで待機。

定刻通りに飛行機は出発。
FC2 20170911 01




8時過ぎにエドモントンに到着。
FC2 20170911 02

エドモントンの空港は地方の小規模空港とはいえ奇麗。
FC2 20170911 04




乗り継ぎ便の搭乗までラウンジで休憩。
FC2 20170911 05
FC2 20170911 06
FC2 20170911 07

ここではひとまず朝食を頂くとしよう。。
FC2 20170911 08
FC2 20170911 09




エドモントンも定刻通りのフライト。
FC2 20170911 03
FC2 20170911 10





飛行機の窓から見える景色、眼下にはロッキー山脈。
FC2 20170911 11
FC2 20170911 12
上空からでも鋭く見える山脈がどこまでも続く雄大な景色。

カナディアンロッキーエリアのバンフは国立公園が多くてアクティビティが充実しているし、この先いつかロッキー山脈でトレッキングでもしてみようかな。




暫く進むとブリティッシュコロンビア州の大規模森林火災の影響なのか、景色が霞むようになってきた。
FC2 20170911 13

眼下に広がるカナダの広大な景色を見ながらの移動が楽しみだったけどちょっと残念。




ほぼ定刻でバンクーバーに到着。
FC2 20170911 14
FC2 20170911 15

しかし次の名古屋行きの便を確認すると、ここで約1時間半の遅れ。
FC2 20170911 16

航路はここまで順調だったけど、帰りの最後の便だから大きな影響にはならないし、名古屋の到着も深夜になるわけではないのでまぁ良し。

時間的にだいぶ余裕が出来たので空港の散策とお土産の購入。
FC2 20170911 17 
FC2 20170911 18
バンクーバー空港はあまり広くないので移動しやすい。




あとはラウンジで休憩して、今度は昼食を頂くとする。
FC2 20170911 19 
FC2 20170911 20 
FC2 20170911 21 FC2 20170911 22





予定時刻通りのフライトでバンクーバーを出発。
FC2 20170911 23 
FC2 20170911 24 
FC2 20170911 25



景色はさえず、機内は退屈。
FC2 20170911 26 FC2 20170911 27 
FC2 20170911 28




日本の上空まで来ると、帰ってきた事と楽しかった旅の終わりを実感するけど、段々と現実に引き戻されてきた。
FC2 20170911 29
5日前に戻りたいなんて思ったりして。




10時間のフライト、外の風景も変わり映えせず機内で退屈な時間を過ごしながら名古屋に到着。
FC2 20170911 30
行きと違って帰りは乗り継ぎの各空港では手続きが少なくてあっさりとしたもの。

名鉄、近鉄と乗り継いで無事帰宅。
FC2 20170911 31

帰りも睡眠時間が少なかったためかこの日の夜は熟睡。

そのおかげだろうか、時差ボケもなく翌日には通常の生活に難なく戻れた。




今回のイエローナイフが人生初のオーロラ鑑賞、これがオーロラだと言えるような規模だったのは1晩だけだったけど、これまで見た自然現象やどの風景景色よりも自分の人生で一番感動した経験になり、自分の記憶の宝物となるだろう。

北極星、カシオペアもオーロラと一緒に撮影出来てインターバルタイマー撮影も成功したし、これがうまく編集出来れば動画を公開したいと思う。

帰国して暫く感動の余韻に浸っていたけど、後日確認したらオーロラにはレベルが1から5まであり、今回自分が目撃した初日のオーロラですらレベル3とのこと。

あれだけ感動するようなオーロラがレベル3ならば、レベル5はどれだけ素晴らしいものなのだろうか。

オーロラの輪舞・舞踏会、レベル5、ブレークアップ、想像するとすぐにでも見に行きたくなってきたがそうそう何度も行けそうにないので暫く叶いそうにもない。

人生一度はどころか俄然最高レベルのオーロラを何度も見てみたくなったので、この先いつの日か今回より感動的なオーロラに出会える日が来る事を願わずにはいられない。




次の海外旅行は2年後に予定、何処に行こうかな?。
[ 2017/10/10 06:34 ] だいぶ遠くへ | TB(0) | CM(2)
プロフィール

KazuXL1200X

Author:KazuXL1200X
趣味はバイク、ダイビング、旅行がメインで一人旅、ソロツーリングが好きです
他にもぼちぼちと
性格は典型的なB型人間と言われます・・・
人生は目的地不明のままソロツーリング中・・・

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR