何処行って何やろう・・・

バイク、旅行、ダイビング等自由気まま(好き勝手に?)にやってます

四日市港に入港した掃海母艦うらが 見学

海上自衛隊の活動を担っている母艦が四日市港入港したので見学に行くとする。

これまでも数年に1度入港していて見学会が開催されていたけど、今回が初めての見学。

機雷式敷設や撤去に掃海活動を主たる任務としていて、この日は前日まで伊勢湾内での訓練活動後に入港したそうだ。
FC2 20180212 01



家から20分程で到着するので、10:00の見学に合わせて9:00前の早めに出発。

到着するとまだ40分以上前なのに既に見学者が列が成しており、その数ざっと100名以上と、人気があることを伺わせる。

気温5℃未満の風が吹く中を並ぶが、気をきかせてくれたのかだいぶ早めの9:15過ぎには見学開始。

艦内搭乗。
FC2 20180212 02



潜水具も展示してあるが、レジャーダイビングのものとは違い重装備。
FC2 20180212 04 FC2 20180212 05
前日まで訓練で使用していたとのこと。



デッキはヘリ発着出来るだけのスペースがあり広々として開放感があるが、手摺りの隙間が広くて海に落下しそうで怖く感じる。
FC2 20180212 03 
FC2 20180212 08 
強風や荒れた海での航海中に転落なんてないのだろうか?。



機雷のサンプル展示。
FC2 20180212 10

掃海敷設に従事する潜水士はこのような危険物を身動きが制限される海中で扱っているのはとても激務だと思う。

ファンダイビングでも体力は結構消耗するので、並みの体力ではこのような任務を遂行するのは困難だろう。

自分だったら誤爆させてしまいそうだ。

マインスイーパー、しょっちゅう誤爆させていたし・・・。
FC2 20180212 25



先に進んで艦内を色々と見学。
FC2 20180212 06 
FC2 20180212 07 
FC2 20180212 09 
FC2 20180212 11 
FC2 20180212 12 
FC2 20180212 13 
FC2 20180212 16 
FC2 20180212 17 
FC2 20180212 19



このようなスイッチ群を見ているとカチカチっとしたくなってくる。
FC2 20180212 18



艦内は見学者の移動の流れを妨げるので立ち止まってみることが出来ない場所が多く、何気に移動していたらいつの間にやら出口に到達。

見学は20分程であっさりと終了。



外に出て艦艇を眺めながら写真撮影。
FC2 20180212 20



艦艇後部、掃海艇の格納庫か。
FC2 20180212 21



愛嬌あるイラストと手作りっぽい簡素な紹介パンフレット。
FC2 20180212 23 FC2 20180212 24



初めての艦内見学なので自分には見応えがあったが、展示物は少な目でやや物足りないかも。
それでも滅多にない機会なので、また自衛艦が寄港することがあれば見学に来てみよう。
FC2 20180212 22
スポンサーサイト

2018年 今年初のツーリングは知多半島

1月でも気温が高めの土曜日に今年初のツーリング。

この時期でも気候が安定していて走りやすい知多半島へ。



9:00に出発、R23から名古屋市内の渋滞を避ける為と時間の節約に寒い事もあって、知多半島方面だったら利用することが少ない高速道路の走行に。

飛島ICから高速道路の走行、東海ICを降りてからR247とR155、新舞子から先はK468の下道走行。



10:10 最初の目的地である大蔵餅に到着
FC2 20180120 01 
FC2 20180120 02



店内、日差しがあって暖かい席に腰を下ろし、メニューを眺めて頼んだのは開運紅白雑煮。
FC2 20180120 03

ぜんざいも気になったのだが、今年まだ食べていなかった雑煮に決定。

暖かい雑煮が冷えた体に染み渡る。

店内にはいちご大福やら餅を使った菓子類が多いので、車で来た時には購入したいと思う。

ここはかき氷が有名なので、暑い時期に涼を求めて再訪もいいかもしれない。



体が温まったところで出発。

海沿いルートのつもりだったけど流れが悪く、味覚の道と呼ばれる広域農道の走行に切り替え。

こちらは快適。

昨年走行したのは2月だったから菜の花が咲いていたけど、1月ではまだ早いのか全く咲いていない様だ。

冬らしい寒々した景色が流れる中の走行なので走りに集中。

内海からは信号も少なくなるので海沿いの走行とする。



11:20 知多半島の南端、師崎に到着
FC2 20180120 04

駐車場にはバイクが10台ほど駐車。

今日は道中多くのバイクとすれ違ったし、バイク乗りにとって冬場絶好のツーリング日和なのだろう。

直ぐに出発、さっき通った道を戻る。
FC2 20180120 09 
FC2 20180120 05



20分程の走行、つぶて浦に到着。
FC2 20180120 06

この鳥居は伊勢神宮に向かって建てられているそうで、この鳥居の直線上、伊勢神宮の鳥居と対面しているそうな。
FC2 20180120 07

以前は朱塗の鳥居だったけど、建て替えられたようだ。



ここも直ぐに出発、冬らしい日差しの中を走行して知多半島を北上する。

広域農道を走り切ってK46、R155から先は往路と同じ走行。

14:00には無事帰宅。



今年初のツーリングは昨年同様、無難な気軽に行くことのできる知多半島。

春の日差しにはまだ遠くまだ冬を感じるこんな日は、走行距離190kmと距離も時間も久しぶりに乗るのに調度良かった。

2ヶ月半ぶりでもバイクの調子は問題無く、この調子で今年も色々とツーリングに行ければと思う。

今年の長距離ツーリングは昨年行けなかった能登半島、5年ぶりの四国、今のバイクでは初の伊豆半島と信州方面を予定。

全部は無理でもいくつかは実現したい。

FC2 20180120 08

2017年 富山県の雨晴海岸

先日、日帰りで富山県に旅行。

その際に撮影した雨晴海岸の日の出。
FC2 20171223 01 
FC2 20171223 02

天気は残念ながら曇りだったので、期待していた気嵐の写真は撮影出来なかった。

富山湾は蜃気楼も有名だけど、雨晴海岸の気嵐と同じく気象条件に恵まれないとなかなかお目にかかれない。

いつかどちらも見てみたいと思う。
[ 2017/12/27 20:50 ] ちょいと北陸方面へ | TB(0) | CM(2)

せせらぎ街道ツーリング

良く晴れた祝日の11月3日に久しぶりのツーリング。

紅葉シーズンになるとツーリングコースとして人気なせせらぎ街道を走行。

何年も前から紅葉ツーリング候補としていたものの、2週間ほどの紅葉シーズン中に天気が悪かったり別の用事があったり、週末しか走ることが出来ないのでタイミングが悪くて走りに行くことが出来なかったけど今年やっと走ることが出来た。




7:00前には出発、長良川沿いを快走。
FC2 20171103 02 
FC2 20171103 01

岐阜県に突入、R21から東海北陸道を目指しつつ、燃料搭載量の少ない自分のバイクは途中のGSでガスチャージ。

近場のツーリングでは高速道路を利用することは少ないけど、時間が足りなくなるので今回は各務原ICから郡上八幡ICまでは高速道路の走行。

11月にしては気温が高いからか最初は寒さを感じなかったが、走行が進むにつれて標高が高くなるとやや寒さを感じるように。

郡上八幡ICを降りてからR472を北上してせせらぎ街道入り。




途中、道の駅明宝に立ち寄る。
FC2 20171103 03

まだ9時前なのに意外とバイクが多い。

帰りにもう一度立ち寄って買い物するとして、ここはトイレ利用のみで直ぐに出発。




この付近の紅葉はまだ先の様だ。
FC2 20171103 04 
FC2 20171103 05 

FC2 20171103 06




やや紅葉が進んだ見晴らしの良い広場があったのでここで休憩。
FC2 20171103 07




秋晴れの日差しの下、樹木の葉の色が移り行く様を楽しみつつ走り続け、見どころである西ウレ峠付近の駐車場へ。
FC2 20171103 08 
FC2 20171103 09 
FC2 20171103 10 




せせらぎ街道は紅葉シーズンの3連休なので渋滞が予想されるものの、この時間帯なら渋滞せずに快走を続けることが出来そうな感じ。

ここは紅葉散策が出来るような観光場所が少ない代わりに高山まで数十kmに渡って紅葉した山々を眺められるので、紅葉ドライブとして車窓から眺めるほうが向いている。

バイクも同様だけど、わき見運転になりがちなので注意が必要。
FC2 20171103 11




途中、五平餅を販売している店の前を通過。

とても気になるのと、ちょうど腹が減ってきたのでUターンして店の前にバイクを停める。
FC2 20171103 12


店内は満席だったので1本購入して店の前のベンチに座って五平餅を頂く。
FC2 20171103 13 

胡麻の風味が強く香ばしい甘目のタレが美味で、今まで食べた五平餅で一番おいしいかも。
FC2 20171103 14

帰りに店の前を通過するとぱっと見で20人以上並んでいるほどの混雑ぶり。

期間限定の人気店らしく、自分は早い時間の来店だから待たずに購入できて良かった。




せせらぎ街道の走行は終盤、高山までは行かずにその手前で来た道を戻るとする。

幾つか往路で気になった場所があったので、復路ではそこに立ち寄りながら撮影。

綺麗に色づいた木の前が駐車場だったのでバイクを停める。
FC2 20171103 15 
FC2 20171103 16 
FC2 20171103 17 
FC2 20171103 18 
FC2 20171103 20 
FC2 20171103 19 
FC2 20171103 21




せせらぎ渓谷。
FC2 20171103 22 
FC2 20171103 23



走行に専念していても色づきが良い木を見つけたら撮影。
FC2 20171103 24 
FC2 20171103 25 
FC2 20171103 26

 


国道沿いばかりに気を取られががちだが、脇道に入った川沿いでは奇麗に色づいた山を見ることが出来る。
FC2 20171103 27 
FC2 20171103 28




帰りに道の駅パスカル清見へ寄るつもりでいたけど、かなりの混雑ぶりから諦めてもう一度道の駅 明宝に立ち寄り。
FC2 20171103 29

ここも駐車不可な車が道路にまで渋滞する程混雑していたけど、バイクなら駐車スペースはある。

店内に入り、有名な明宝ハムとソーセージを購入。
FC2 20171103 30

買ったはいいけど、どうやって食べようかな?。

外では焼き栗の移動販売が目に入り、気になったのでこれも購入。
FC2 20171103 31 FC2 20171103 32




出発してから気づいたのが名物である明宝フランクを食べ忘れ。

次回来た時に食べるとしよう。




帰りは逆ルートで郡上八幡ICから各務原ICを高速道路の走行。

最後の立ち寄り場所は岐阜市内にある栗粉餅で有名なベンテンドー。
FC2 20171103 33

目的である栗粉餅を購入。




16:00近くに無事故無違反で無事帰宅。

警戒していた速度取り締まりは白バイを1台見かけただけで、運よくサイン会に出席せずに済んで良かった。

道中、ソロとマスツーリングのバイクを多く見かけるが、ヤエー遭遇率が高かったかも。

購入した焼栗と明宝ソーセージとビール、栗子餅で本日のツーリングの〆とする。
FC2 20171103 34 FC2 20171103 35 
FC2 20171103 36 FC2 20171103 37




初めて走行したせせらぎ街道は多くのツーリングブログで拝見した通りの素晴らしいツーリングコースだった。

紅葉の時期がベストシーズンかもしれないけど、新緑の季節でも綺麗な景色が期待できそう。

富山石川方面へのツーリングはこの快走路を利用すれば色々と楽しめそうなので、能登半島ツーリングのルートとして検討してみようかな。

2017年 ニコンファンミーティングキャラバンに行こう

東京と大阪で開催されたニコンのファンミーティング。

事前予約不要でだれでも気軽に参加できるイベントが規模を縮小し、ファンミーティングキャラバンとして名古屋で開催されることになったので都合の良かった11月4日に参加。

この日は午前中に別の用事を済ませてから会場へ移動。

14:00開場予定だけど早めに到着しておこうと13:15に到着するが、既に100名近く並んでいてびっくり。

列の最後尾に並んで待つとするが、後から続々とニコンファンがやってきて、開場前には200名以上が並んでいたのではなかろうか?。

並んでいる間に配られたペーパーバッグ(D850のカタログ入り)と水を受け取る。
FC2 20171104 02 FC2 20171104 01




13:50 予定より10分早めの開場。
FC2 20171104 03
FC2 20171104 05
FC2 20171104 04




ニコンファンなら多くの人が知っているであろう後藤哲郎氏の宇宙事業のプレゼンを聞くことに。
FC2 20171104 06

宇宙の船内船外活動で使用されるカメラの開発や苦労話に裏話は聞く価値ありで、最後まで興味深く聞くことが出来た。

今年はNASAからスペースカメラとしてD5を数十台規模で受注してもうすぐ納めるそうだ。

相当完成度が高いのだろうか?。基本的には市販品と変わらないというところが驚き。
FC2 20171104 10

この先ニコンのカメラが宇宙で活躍し、今回のファンミーのようなイベントでその映像を拝見できる日が来たらいいなと思う。
FC2 20171104 11




次はD850開発担当者のプレゼン。

これはプロフィールフォトコーナーの列に並びながら聞くこととする。

D850はすごいスペックのカメラなんだけど人気が高く暫く納品待ちの状況らしいが、自分は今年D750を購入したばかりなので購入するとしてもまだ先かな?。

入手した人がうらやましかったりして・・・^^。

D850開発の際に参考としたマーケティングリサーチといったカタログには記載されていないような貴重な話をD850開発者自ら話を聞けたのが良かった。




プロフィールフォトの撮影の番が来たので撮影してもらう。

撮影したデータは持参したSDカードに記録してもらい持ち帰ることが可能。

そして撮影したプロフィールフォト。
FC2 20171104 13

家で確認してみたらやっぱりプロが撮影しただけあってとても奇麗に撮影できている。

拡大しても周辺部までしっかり描写されていて、髭の剃り跡まで見えそうなのであえて掲載写真は小さめに・・・^^:。




他にはニコンのレンズを使って試し撮りできるの体験コーナー、製品説明会、歴代モデルの展示、モデル撮影会と結構充実したイベント内容。
FC2 20171104 12 
FC2 20171104 07 
FC2 20171104 08 
FC2 20171104 09

それからファンミーティングショップで買物とカメラ雑誌編集者の座談会を聞き、暫く開場をぶらついてから帰宅。



サーモボトルは寒い中での撮影で暖かい飲み物を保温するのに最適と思って購入。
FC2 20171104 14



ニコンユーザーなら結構楽しめたであろうこのイベント。

もし近場で開催されたらまた参加しようと思う。
[ 2017/11/07 21:44 ] カメラ | TB(0) | CM(0)
プロフィール

KazuXL1200X

Author:KazuXL1200X
趣味はバイク、ダイビング、旅行がメインで一人旅、ソロツーリングが好きです
他にもぼちぼちと
性格は典型的なB型人間と言われます・・・
人生は目的地不明のままソロツーリング中・・・

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR