FC2ブログ

何処行って何やろう・・・

バイク、旅行、ダイビング等自由気まま(好き勝手に?)にやってます

知多半島ツーリング 2019年1月

今年の初ツーリングは気候の安定している知多半島へ。

仕事関係のバイク乗りとは短期間で2回、昨年だけで3回訪れている三重から気軽に走りに行ける場所。
FC2 20190112 18
(これはブログ記事にしていない2018年11月のツーリング)

3連休の中日である日曜日は快晴で3月頃の陽気との予報から鳥羽方面も検討したけど、R23の渋滞と伊勢神宮近辺はだいぶ混雑するので避けるとする。

9時に出発して途中まで下道のR23を走行、名古屋方面の渋滞を避けるため伊勢湾岸の飛島ICから東海ICまで高速道路を利用。

冬は風が冷たく感じてスピードを出すのをためらうけど、今日は予報通り1月とは思えず制限速度+αの巡行。

知多産業道路から広域農道に変わっても快走は続く。



10:45、師崎港には定刻で到着。
FC2 20190112 01
知多半島ツーリングでは定番の目的地。

空気が澄んでいるので遠くまで見渡せそうなことからちょっと離れた展望所へ。
FC2 20190112 04 
FC2 20190112 03

東方には富士山が・・・見えないけど、だいぶ遠くまで見通せる。
FC2 20190112 05

このように快晴で温暖だからバイク乗りが考えることは同じらしく、この場所と道中バイク乗りが多い。



そしてさくっと出発ぶらりと立ち寄るはここも昨年来ている、つぶて浦。
FC2 20190112 06
ひっそりとたたずんでいる鳥居も変わらないままだ。



11:45、盛田味の館に到着
FC2 20190112 07
ここは主に調味料と日本酒を製造販売しているが食事も可能。

醸造庫を改装してその雰囲気を活かした店内は広々して明るい。
FC2 20190112 08 
FC2 20190112 09
調度お昼時だけど、食が目的のツーリングではないので休憩程度としよう。

とは言えども冷えた体には温かい味噌田楽がとっても魅力的。
FC2 20190112 10

それにホットコーヒーをプラス。
FC2 20190112 11

飲んで食べたら体が温まった。

味噌田楽は豆腐に2種類の味噌がかけられていて、軽く食べるのには調度良い量で美味。

今の時期なら味噌煮込みうどんを食べに来るツーリングが良いかもしれない。



そしてここ盛田の醸造所の15代当主はソニー創業者の盛田昭夫氏。
FC2 20190112 12

ソニーの創業者といえば盛田昭夫氏と井深大氏の2名が思い浮かぶが、両名の日本の電機産業と音楽業界への多大なる功績は誰もが知るところ。

ここは出身ということもあって店内の一角に常設展が。

盛田家の歴史や昭夫氏の愛用品といった数々の展示品。
FC2 20190112 13 
FC2 20190112 14 
FC2 20190112 15
なかにはマイケルジャクソンとの交流について感動的な逸話があったりして興味深く見続ける。



帰り際、せっかくなので酒呑みの自分は日本酒、純米吟醸を購入。
FC2 20190112 16
家で飲むのが楽しみ。

知多半島はウイスキーに日本酒に地ビールがあったりと、意外と酒好きには好ましい場所なのかもしれない。

ツーリングでは飲めないけれど・・・。



ちょいと早いがそのまま帰路へ。

13:30、無事帰宅。

昨年同様今年も無事故無違反でスタートしたツーリング。

昨年はツーリングの回数と距離共に少なめだったが、昨年同様とはならずに今年は多くすることが出来るだろうか?。

昨秋から気になっている東北が有力で、あとは四国と伊豆方面かな?。

FC2 20190112 17
スポンサーサイト

名古屋 Beer Bar Komugi

名古屋でベルギービールを中心として海外のビールが飲めるビアバーへ行くとする。

この日は別の用事を済ませてから向かうが、店の場所が分からず開店の19時からちょっと遅れて来店となった。
FC2 20181215 01

店内は10席程でL型のカウンターのみ、奥の席には数名先客あり。

小スペースでライティングも明るすぎず落ち着いて飲めそう。



案内された椅子に腰を掛けてから出された文庫本サイズのビールメニューを確認。

それぞれビールの写真と説明があって選びやすい。

数十種類のベルギービールがメインだけどドイツビールとそれ以外のビールも色々ある。



本日樽生で提供されているのは3種類。

その中から1杯目として選んだのはバルシュタイナー。
FC2 201812015 02
最近のオクフェスでも飲んでいないからこれは久しぶりだな。

お通しはミックスナッツ。(写真無し)

つまみにはソーセージ三種盛。
FC2 201812015 05
言わずもがな、ビールによく合う一品。

続けて2杯目、オルバル。
FC2 201812015 03
BBWでも提供される馴染みあるビール。

3杯目、バルバール。
FC2 201812015 04
これは初めて飲んだ。

4杯目、樽生で提供されるドゥシャスデブルゴーニュ。
FC2 20181215 06
これもBBWでは定番のレッドビール。

グラスが銘柄と統一されているのが驚き。

全てのビール分揃っているのかな?。



久し振りのベルギービールとドイツビール、美味かった~。

仙台のダボスのマスターに教えてもらって初めて訪れてみたけど、一人で静かに飲むにはうってつけかな。

名古屋には定期的に来ることがあるので、そのたびに立ち寄って軽く飲んで帰るといった利用が良いかも。
fc2 201812015 07
[ 2018/12/25 06:55 ] 食べる 東海で食べる | TB(0) | CM(2)

東北旅行2018 3、4日目 牛タンの旨味太助とダボスでベルギービール、三重に移動

時刻は13時過ぎ。

仙台市内本日の観光を予定通りに全て終えることが出来て安堵したからか、急に空腹感に襲われる。

仙台名物といえば・・・牛タン。

昨日も食べたけど今日は別の店、何回か訪れたことのある旨味太助へ。
FC2 20181102 42
茨城のつくばに太助があって何度か食べに行ったことがあり、その美味しさが忘れられず牛タンといえば太助のイメージ。

本場の仙台には旨味太助に味太助といくつか店舗が有るが、旨味太助でしか食べたことがないので今回もここに決定。

店に入って空いていたカウンター席に座るなり直ぐに注文を聞かれるが、牛タンしかないのでここは牛タンが5枚の定食Bで。

いつものようにビールがほしいところだけど、汁物があるのと腹の虫をなだめるため定食にしたから我慢しよう。

直ぐに焼き上がり、5分もかからず出てきた定食。
FC2 20181102 43

麦飯とテールスープ。
FC2 20181102 45 FC2 20181102 46

牛タンはやわらかく味付けは塩のみであっさりしていて食べやすい。
FC2 20181102 44
太助では10年ぶりに食べたけどやっぱり美味い。

自分はここの牛タンが一番好きかな。



食べ終えてバスで仙台駅に向かう。
FC2 20181102 48 FC2 20181102 47 
FC2 20181102 49

仙台駅構内のお土産店を見て廻る。

お土産は空港よりもこちらの方が充実しているのでここで購入を済ませる。

ホテルに戻り休憩。



夕方になり、何処に飲みに行こうかネット検索しているとベルギービールが飲める店を見つけたので開店直後に来店とする。
FC2 20181102 50

ベルギービールは色々な味を楽しめるので飽きずに飲み続けられるのが良いところ。

17時過ぎ、時計の長針が水平の位置まで進んだところで店のドアを開けて中に入る。
FC2 20181102 51

まだ開店から間もないので客は自分だけ、一人ということもあってカウンターに案内される。

内観は喫茶店のよう。
FC2 20181102 59

カウンター席に腰を下ろしてメニューを確認。

ベルギービールの店といっても扱っているのは10種類位かな?と思いきや、実際には100種類くらいあるのでは?と思えるほどの豊富さに驚き。

本日の樽生はベデットのホワイトビールがあるので、最初の1杯目はそれを注文しよう。
FC2 20181102 52
樽生なので美味い!。

他のビールは瓶で提供。

今日はジャンルを限定してホワイトビールを飲むことにしよう。
FC2 20181102 54

お気に入りのブロンシュドナミュール。
FC2 20181102 53

BBW以外で飲めるなんて!。

初めて飲むビールも。

マスターの奥さんに勧められて飲んだこのベルギービールははちみつ風味でスパイシーさもあり何とも不思議な味。
FC2 20181102 55
ミエルバイオロジーク、これはどこかで見つけたら是非飲みたい。



ビールのつまみも。

お通しはバゲットとハムのタパス。
FC2 20181102 56

牡蠣のアヒージョ。
FC2 20181102 57
写真が無いけど、バゲットを浸して焼いたてもらったのが美味~。

どれを頼んでも美味しいが、野菜好きなので焼野菜が特に良かった。
FC2 20181102 58



飲みと食が進んでまったりとし始めた頃にマスターとベルギービールに関して会話。

ベルギービールの扱いにまでこだわるベルギービール愛を感じる人で、各地のBBWに足を運んでおり名古屋にも来たことがあるそうだ。

ここは夫婦経営の店らしく、二人とも気さくに話しかけてくれて自分には珍しく飲みながら会話も楽しんだ。

各地にベルギービール店を経営している知り合いがいるようで、名古屋のベルギービールを扱う店を紹介されたので今度行ってみようかな。

美味しいベルギービールと料理に感謝して店を出る。
FC2 20181102 60

ホテルに戻ったら旅疲れをいやしてTVを見ながら酔いもあってまったり過ごした後、就寝。



4日目は三重に帰るだけ。

仙台空港から中部国際空港へ。
FC2 20181103 01 
FC2 20181103 02

15時には帰宅。



今回の東北旅行は結構詰め込んだスケジュールだったのであっという間の4日間だった。

次はバイクツーリングで秋田~青森~岩手~宮城に行きたい。

北海道ツーリングよりこっちが先に実現するかもしれないな。
[ 2018/11/27 19:42 ] 雑記 | TB(0) | CM(2)

東北旅行2018 3日目 瑞鳳殿、仙台城、大崎八幡宮

ホテルで荷物をピックアップ、松島駅からJR線で仙台駅へ。

仙台市内循環バスるーぷる仙台で主要観光スポットを幾つか巡ることにする。
FC2 20181102 23 FC2 20181102 24



本日宿泊するホテルに荷物を預けて最初に向かったのが瑞鳳殿。

上り坂と階段の参道を移動。
FC2 20181102 25 
FC2 20181102 33



拝観券を購入。
FC2 20181102 26



涅槃門から。
FC2 20181102 27

瑞鳳殿へ。
FC2 20181102 28

伊達政宗が眠る霊屋で極彩色が特徴で再建されてから間もないので鮮明、金色堂同様に豪華絢爛。
FC2 20181102 29 
FC2 20181102 30 
FC2 20181102 31 
FC2 20181102 32

ここから離れたところにも感仙殿、善応殿、妙雲界廟があったけど気づかずに参拝せず。

次回東北に来たら訪れるとしよう。



仙台城跡地へ。
FC2 20181102 35 

FC2 20181102 36

城跡敷地内の宮城県護国神社を参拝。
FC2 20181102 37



最後は国宝である、大崎八幡宮の参拝。
FC2 20181102 38

残念ながら本殿は改修中で全貌を見ることが出来なかった。
FC2 20181102 40

ここも次回要再訪かな?。
FC2 20181102 41



これで観光はほぼ終了。
[ 2018/11/26 20:07 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

東北旅行2018 3日目 円通院と五大堂へ

ホテルの屋上は眺望が良いので、早起きして日の出を撮影。
FC2 20181102 01

パラっと雨が降ってきたので背後を振り返ると虹が。
FC2 20181102 02
旅先で虹を見ることが多いような気がする。



出発の支度を済ませて8時前にホテルを出発。

チェックアウト後も観光するので荷物は預かってもらう。

最初に向かうのは昨日混雑していて諦めた五大堂。
FC2 20181102 03 
FC2 20181102 04 
FC2 20181102 05 
平日の早い時間ならば人は少ない。

松島湾の眺め。
FC2 20181102 06

他にも眺望の良いところは多いから見て廻りたいけど足と時間の両方が無いので次の機会とする。
FC2 20181102 07



次に向かうは円通院。
FC2 20181102 08 
FC2 20181102 09

昨晩のライトアップとは異なり閑散としていて静か。
FC2 20181102 10 
FC2 20181102 11 
FC2 20181102 12 
FC2 20181102 13 
FC2 20181102 14 
FC2 20181102 15 
FC2 20181102 16 
FC2 20181102 17 
FC2 20181102 18 
FC2 20181102 19 
FC2 20181102 20 
FC2 20181102 21
早朝の人が少ない時間帯だからか、自分のペースで終始落ち着いた気分のまま参拝を続けられた。
FC2 20181102 22



これで日本三景は全て訪れたことになる。

日本三大○○は他にも色々あるので徐々に制覇していこう。

次は鍾乳洞とカルストか?。
[ 2018/11/25 18:59 ] 雑記 | TB(0) | CM(2)
プロフィール

KazuXL1200X

Author:KazuXL1200X
趣味はバイク、ダイビング、旅行がメインで一人旅、ソロツーリングが好きです
他にもぼちぼちと
性格は典型的なB型人間と言われます・・・
人生は目的地不明のままソロツーリング中・・・

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR